(撮影日:2011年5月)
設計から施工までをひとりで楽しく進めました。まだ完成はしておらず、仕事の合間を縫って、少しずつ手を加えています、外部に物置場、薪小屋、庇を増設したり。あと少しの内装工事は、引き戸作成、サッシの内格子作成、等々したいのですが、完成は何時になることやら・・・。
工房建前時の軸組み
6メートルの地松丸太を3本使用。
垂木7寸5分間
建坪10.5坪
薪入れ所骨組み奥行き6メートル
囲いはポリカ波板。
煙突周りはアルミ板使用。
薪入れ所出入り口出入り口杉板使用。
側面はポリカ波板使用。
ホンマ製薪ストーブ二重煙突の壁出しで、壁は不燃材を2重貼り、プラス耐熱煉瓦。
燃料は現場で出る廃材を使用、主に杉、檜、米松。
癒されます。

柱の根元には雨が当たり易く傷みが早いので
取り変えが簡単に出来るよう造りました。
左官工事は同級生の本堂左官です。仕上げ:砂壁  下地:プラスターボード12㎜
資材置き場の予定が、ただの物置となりました。
トイレ(toto  GG800)、 砂壁藁入り仕上げ、腰板張り。癒し空間です。
事務所ほぼ完成です。